郡上を知る

4つの物語に秘められた歴史

霊峰白山、長滝白山神社、六日祭の写真
白山文化
霊峰白山を崇め神の息吹を感じる
郡上市には霊峰白山があります。8世紀に泰澄(たいちょう)大師が開山し、以降白山信仰が広まるとともに、特に白鳥町長滝白山神社を拠点とする美濃禅定道は、上り千人下り千人と言われ、多くの参拝客で賑わいました。コースには、阿弥陀ケ滝(あみがたき)、白山中居(ちゅうきょ)神社、いとしろ大杉など多くの見どころがあり、道の駅白鳥の隣にある白山文化博物館では、国の重要文化財も展示しています。毎年1月6日には、長滝白山神社で六日祭(花奪い祭り)が行われます。
  • 長滝白山神社・長瀧寺
  • 白山文化博物館
  • 白山中居神社
古今伝授
古今伝授の故事を今に伝える
鎌倉時代から戦国時代末期まで郡上を統治していた東氏(とうし)は和歌に優れ、初代の胤行(たねゆき)は藤原定家(ふじわらのていか)の子・為家(ためいえ)に和歌を学ぶとともにその娘を妻にしたとされます。一方、西行・芭蕉と並び「旅の三大詩人」と称される宗祇は、当時最も盛んな文芸であった連歌を大成させるために古典の真髄を極める必要があり、この藤原家の血を引く東氏第9代の常縁(つねより)を頼って郡上の地に足を運びました。そうして、文明3年(1471年)に宗祇は常縁から古今伝授を受けました。大和町にある、当時の東氏の拠点であった篠脇(しのわき)城及び館跡は、古今伝授の里フィールドミュージアムとして整備されています。また八幡町には宗祇が近くに草庵を結んで愛用したとされる湧き水「宗祇水」があり、昭和60年に全国名水百選に選ばれています。
  • 古今伝授とは、「古今和歌集」の解釈を中心に、歌学や関連分野の色々な学説を、口伝・切紙・抄物によって、師から弟子へ秘説相承の形で伝授することです。
古今伝授の里フィールドミュージアム、宗祇水、篠脇城跡
  • 古今伝授の里フィールドミュージアム
  • 宗祇水
郡上八幡城、城下町の写真
城下町
水と踊りの城下町を歩く
郡上市八幡町、通称「郡上八幡」は、1559年に遠藤盛数(えんどうもりかず)が八幡山に城(砦)を構えて以来、城下町として発展しました。今でも職人町・鍛冶屋町・殿町・大手町・桝形町など城下町としての地名が各所に残っており、古い町並みも残っています。また、江戸時代に整備が始まったとされる水路が、町中を縦横無尽に張り巡らされており、せせらぎの音が心地良く響いています。神社・仏閣が多いところも城下町郡上八幡の特徴です。
  • 郡上八幡城
  • 郡上八幡博覧会
円空仏
高賀山と円空の里を巡る
瓢ケ岳(ふくべがたけ)に住む鬼を藤原高光(ふじわらのたかみつ)が退治したという伝説が残っている美並町では、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)信仰を中心とした山岳信仰が中世に全盛期を迎えました。高賀山麓には6つの社寺があり、内3つは郡上市内にあります(星宮神社、本宮神社、新宮神社)。高光が鬼を退治したときの矢を納めたといわれる矢納ケ淵(やとうがふち)は星宮神社の近くにあります。
また、美並町は円空生誕の地と言われ、円空ふるさと館、円空研究センターなどがあり、円空仏も数多く展示・保管されています。
星宮神社、円空岩、美並ふるさと館の写真
  • 美並ふるさと館
  • 日本まん真ん中センター

郡上を知る

インフォメーション

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 郡上の天気
  • 観光案内所/リンク集
  • よくある質問
  • 郡上観光連盟組織概要
  •  賛助会員の紹介
郡上満喫 郡上の楽しい・ゆったり・おいしいを満喫しよう
郡上市役所
商工観光部観光課内 郡上市観光連盟
〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷130-1
TEL 0575-67-1808/FAX 0575-67-1820
電話受付時間 8:30~17:15(土日祝日、年末年始は休業)
※緊急の場合は、郡上市役所代表番号(0575-67-1121)へお願いします。
E-mail:renmei@gujokankou.com